不器用でも踊れた! 超お気楽社交ダンス上達法

ブログトップ

社交ダンス-競技会がきっかけ!

前回、はじめて出場した競技会について書きました。

競技会とは言っても、この時は、新人戦の出場者が少なくて、コンペには
ならなく、みんなの前で踊るだけというものでした。

というわけで、このときはまだ、ダンス競技での勝ち負けについて実感は
なかったと思います。

その後も、サークルが主催する競技会に出場する機会があり、毎年、数種
目に出場していました。

2年目からは、ライジングスター戦という、初心者が出場する区分の競技
に出ることになります。

そして、年を重ねるごとにその競技会のレベルも上がっていきました。

そんな感じなので、ちょっとやそっと練習しただけでは、いい成績をと
れるわけがありません。

この試合に出ていて思ったのは、よっぽど練習しなければ、ダンスの競技
に勝つことなど、夢のまた夢なのだなぁということでした。

この試合に出始めて数年たったころでしょうか。ダンス教室でならって
みようかなぁと思ったのは...

最初は、サークルだけで、楽しく踊るだけの趣味だったのですが...

そんなきっかけで、ダンス教室の個人レッスンに通うことになりました。

教室でダンスを習い始めて感じたのは、それまでやっていた同じステップ
でも、全然違うものに思えてくるということでした。

とっても不思議な感じがしました。

でも、よく考えてみると、足型はあっていても、ボディ全体という視点で
みると、全然違うことをやっていたのだなとつくづく思いました。

こんな感じで、どんどんダンスの競技会にはまっていくのでした。

競技会にはまりたいあなたは、こちらへ

社交ダンスグッズ 今月の一押し

いつも応援、ありがとうございます
[PR]
by charm6 | 2005-09-26 11:12 | 社交ダンス