不器用でも踊れた! 超お気楽社交ダンス上達法

ブログトップ

社交ダンス-自分が踊ってる姿って、どんなかなぁ?

みなさん、競技会やデモンストレーションをしたときの、自分の映像
撮っていますか?

とくに競技会のときなどは、ビデオに撮って自分の踊りをよーく研究して
次の試合に備えたいですよね。

練習のときに撮って、研究することもできるのですが、やっぱり試合当日
の緊張感のなかで、どういう踊りをしていたのか、客観的に見ることは
とっても大切なことだと思います。

でも、ただでさえ荷物がいっぱいあるのに、カメラや三脚をもっていくの
も億劫だし、もっていったとしても、撮ってくれる知り合いがいないと
なかなか、満足にとれないですよね。

実は、こんな悩みを解決するサービスをはじめた人がいるんです。

ダンスの競技会を18年間撮影し続けている、井上安太郎さんです。

井上さんは、自分が出場した競技会を撮影したことがきっかけとなって
以来、いろいろな会場でダンスの競技会を撮り続けました。

後楽園、武道館、代々木体育館などなど、ダンスの競技会が行なわれると
ころなら、どんなところでも撮っています。

井上さんの話によると、会場に行ってまずやることは、一番撮影しやすい
場所を陣取ることだそうです。

そして、自分の好きな選手をどんどん撮影していくそうです。そして
自分の撮影した選手が決勝に残ったりすると、とっても嬉しいそうです。

こんなふうに、ご自身もダンスをしていて、大体の動きが予想できます。
さらに、18年間の撮影歴とくれば、鬼に金棒です。

私もデモをやったときに撮影してもらったことがあるのですが、とっても
きれいに撮れていて感動しました。

自分が本当に好きで続けてきたダンスと撮影

この技術を使って、ダンス愛好家のみなさんのお役にたちたーい。

こんな気持ちで、このビジネスをはじめられたのだと思います。

 ・自分の競技会での踊りを客観的にチェックしたい。
 ・デモでの映像を記念に残しておきたい。
 ・過去に撮影した映像をコンパクトに編集して、とっておきたい。
  
こんな方々に最適だと思いますよ。

自分が踊っている姿を客観的に見てみたいというあなたは、こちらへどうぞ

自分の映像って、よーく見てみるといろんな発見があったりします。

ちょっと、見るのが恐かったりすることもあるのですが...

でも、勇気を出して、よーく見るのが上達への早道かもしれませんよ。

井上さんは、サークルでダンスの指導もしてくれてます

社交ダンスグッズ 今月の一押し

いつも応援、ありがとう!
[PR]
by charm6 | 2005-09-29 22:45 | 社交ダンス